これまでの活動:

「鎌仲ひとみ監督」講演会

1.経過報告

2011年

11/17

第1回信濃ミツバチの会実行委員会

12/18

「東京原発」上映会

2012年

 3/17

 「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会

12/20

 「内部被ばくを生き抜く」上映会

2013年

 1/10

 講演会第1回準備会

鎌仲さんを迎える準備、実行委員会を開くにあたって、試写会の実施

 1/30

 「ヒバクシャ」試写会

 2/ 5

 「六ケ所ラプソディー」試写会

 2/13

 講演会第2回準備会

 2/15

 「内部被ばくを生き抜く」上映会

 2/28

 講演会第3回準備会

 3/ 5

 「内部被ばくを生き抜く」上映会

 3/12

 第1回実行委員会

チラシ検討、スケジュール検討、上映会状況について

 3/20

 第2回実行委員会

チラシ検討、広報・宣伝方法、実行委員会体制

 4/ 9

 第3回実行委員会

チラシ(5000枚)、チケット(400)の配布・分担、宣伝活動の分担

 4/18

 第4回実行委員会

ポスター配布、チケットの売上状況、他の宣伝方法の検討、チラシの追加(2000枚)

 4/25

 第5回実行委員会

鎌仲さんを囲む懇談会、チケット売り上げ状況

 5/ 8

 第6回実行委員会

懇親会の準備、講演会当日の準備と体制、その他

 5/12

 「鎌仲ひとみ監督」講演会 in 信濃町

当日参加173名、託児26名、スタッフ31名、アンケート回収61通、講演会後の懇親会

 5/17

 第7回実行委員会

講演会の結果報告と評価、会計報告、ミツバチの会紹介用リーフレットの検討

2.(参考)1/10準備会で出た意見など

★「鎌仲ひとみ」さんを迎えて、どういう内容にするか

 

☆条件として鎌仲映画を上映して欲しい

☆せっかく「鎌仲」さんを呼ぶので、十分にいろいろな話を聞きたいし、質問もしたい

☆福島の現状をもっと知りたい

☆鎌仲さんの作った4本の映画を見ておきたい

☆信濃町で「原発」や「放射能」について関心が薄れているのでは

☆福島以降、信濃町の環境の変化や刈羽原発から80kmの認識が希薄では

☆3月24日信濃町町議選があり、会として「原発反対の議員を増やしたい」

☆放射能は、農薬や食品添加物などと同じで、少ない方が良いし、正しい知識を広めたい

☆実行委員も映画を観たり、情報を得たり、勉強したりして講演会当日をどのようにしていくかを、もう少し時間をかけて意見を出しあっていきたい

☆現在の信濃町での様々な取り組み(例えば食品放射能測定所のことや自然エネルギーのことを考える取り組みなど、、、)を信濃町の人に知ってもらう機会にもできたら

☆通販生活の広告で「一年購読」(540円)で「みえない雲」のDVDがプレゼント

「みえない雲」は2006年にドイツで作られた、原発事故を描いた真迫の映画。

「ミツバチの羽音と地球の回転」上映への取り組み

1.上映までの経過

 2011年9月16日 映画「東京原発」を観賞

 2011年10月18日 災害支援信濃町連絡会に、映画「東京原発」「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映を提案

 

◇準備会(2011年11月1日〜10日)

・震災支援の中で浮き彫りになった「福島原発事故」から、二度とこういう事故を起こさないために、信濃町で活動を行う。

・活動のスタートとして、”原発の現状と危機を訴える”映画の上映を行う。

 当面、「東京原発」「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映運動を行う。

・その他、原発についての「話し合い」や「講演会」を開く。

・信濃町での活動として、「脱原発署名」を行う。

 

◇実行委員会

第 1回

2011年

11/17

東京原発を12/18に上映、実行委員会体制決め、原発署名を集める
第 2回 11/28 東京原発宣伝物、後援依頼、試写会準備、ミツバチの準備、実行委員会の拡充

第 3回

           12/ 5

 東京原発の準備、ミツバチの会予算案、会則案
第 4回

          12/13

 東京原発当日の分担と準備、予算案の訂正

12/18東京原発上映会(1〜3回 計90名)

第 5回 12/20 

東京原発の反省と気づいたこと、ミツバチ試写会と意見交換

 1/ 7 第2回ミツバチ試写会

第 6回

 2012年

 1/11

 (大雪の日)上映時間、ビラ内容、今後の活動、第3回試写会

第 7回

 1/23 上映機器準備、宣伝ビラ内容、協賛団体へのお願い

第 8回

 2/ 6

ビラ・チケット完成、ポスター作成、試写会準備

 2/ 9 ミツバチ第3回目試写会

第 9回

 2/17 チケット35枚販売、宣伝、会場作り、展示準備

第10回

 2/28 チケット90枚販売、協賛7団体、原発署名

第11回

 3/6

チケット141枚(+試写36)販売、協賛15団体、当日の分担決め

 3/11NO原発、脱原発、サラバ原発長野大行進、映画「シェーナウの思い」

第12回

3/13

チケット177枚(+試写36)、協賛19

 3/17「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会、3回、325名+α

3/21上映会後の挨拶回り(役場、町長、教育委員会、職員組合、総合会館、商工会、萬屋、ライジングサンホテル、黒姫和漢薬、アファンの森財団)

第13回

 3/27 今までの経過報告、当日の報告と反省
     

2.信濃ミツバチの会 会則案

第一条

この会は、原発の映画上映会及び学習会等を企画開催することを目的に実行委員会を組織し、「信濃ミツバチの会」と称する。

 

第二条

この会の事務局は実行委員長宅におく。

 

第三条

この会に次の役員をおく。

実行委員長  1名

副実行委員長 3名

会計     2名

監査     2名

実行委員  若干名

 

第四条

この会の事業及び会計期間は、毎年12月から1年間とする。

 

第五条

実行委員長は、毎年一回総会を開催し、会則の改正、予算決算、事業計画等について協議決定する。

 

第六条

実行委員長は必要により、役員会を開催することができる。

 

第七条

会則に定めのないことについては、役員会で協議し決めることができる。

 

3.映画「ミツバチの羽音と地球の回転」協力への御礼

 3月17日雨が降る中多くの人が鑑賞に来られ、1回目:125名、二回目:120名、三回目:80名、18歳以下及びスタッフを含め、総勢400名以上の人が参加し、大成功に終えることが出来ました。

映画は2時間15分と長かったのですが、終了後に感想を書いたり、展示を熱心に見ていただき大変感謝しました。

 参加者の半分以上の人が「ビワ茶」や「えんめい茶」を飲みながら展示を見たり、アンケートやポストイットに記入したり、回りの人と談笑しながら感想を語り合っていました。

「ビデオをじっと見てつぶやく人」、

「ビワ茶を飲んでリラックスする人」、

「原発の展示をじっと見入る人」、

「信濃町の被災者支援の動きを見て感心する人」、

「信濃町の水車に関心を寄せる人」、

「原発の不安を話したくて参加した人」などなど

信濃町とその周辺から参加された多くの方々が、福島原発以後、「もっと知りたい」「なにかしなければ」との思いを持たれていることに強く感じられました。

 この行事を支えた、若いお母さんを中心にした多くの実行委員の特技が存分に発揮され、大きな成果を上げることができました。

 それは、目的にして「原発に反対する人も、賛成する人も原発や放射能の事、電力の事、地球にやさしいエネルギーの事をもっと正確に知りたい」との気持ちが、共感され広がったのだと思います。

これを機会に当日出された提案や取り組みたい事などをみんなで考えたいと思いますので、今後ともご協力をよろしくお願いいたします。

 

2012年3月21日

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」上映実行委員会

実行委員長    ◯◯ ◯◯

副実行委員長   ◯◯ ◯◯

  〃      ◯◯ ◯◯

  〃      ◯◯ ◯◯

 

 

4.映画「ミツバチの羽音と地球の回転」実行委員会の解消と「信濃ミツバチの会」立ち上げについて

 3月17日の映画上映からほぼ4ヶ月が過ぎ、5月には日本にある全原発が停止し、「原発のない生活」がはじまると思いきや、野田政権は大飯原発の再稼働を突破口にあちこちの原発を再稼働する動きも始まっています。

いまや原発や自然エネルギーをめぐる状況は一刻も猶予がない時期に来ていると思われます。

 

 昨年12月の「東京原発」、今年の「ミツバチの羽音と地球の回転」の映画上映運動から始まった私たちの活動を整理する意味で、7月10日、信濃町総合会館に於いて「ミツバチの羽音と地球の回転」実行委員会の世話人会を開き、上映実行委員会の解消と、新たに「仮称」で使っていた名称「信濃ミツバチの会」を継続的に発展させる活動を決めました。

 会の基本的な理念は「電気はいるけど、原発はいらない」(映画ミツバチの主人公・タカシ君のことば)を広く信濃町で学習、行動することを基本とするものです。

 今後、この趣旨で映画会や講演会、見学会、勉強会など幅広い活動が出来ることを期待し、新たな息吹が注がれるよう期待します。

 この趣旨にマッチする提案やご意見がありましたら積極的にお寄せいただき、賛同する人達の輪をさらに広めたいと思いますのでご希望の方は是非お力をお貸しください。

 

2012年7月10日

「ミツバチの羽音と地球の回転」上映委員会

「信濃ミツバチの会」          

代 表  ◯◯ ◯◯

副代表  ◯◯ ◯◯

 〃   ◯◯ ◯◯

 〃   ◯◯ ◯◯